占いとは? 京都・八坂と三条、2人の“母”に聞く

 「あなたの運勢鑑定します」「恋愛、仕事、あなたの悩みを正しい方向に導きます」。一時期ほどのブームはないものの、繁華街を歩けば占いショップの売り文句が目に付く。人は占いに何を求め、占い師はどう応えているのだろう。京都で「○○の母」と呼ばれるベテラン女性占い師を訪ねてみた。

ビグレックス
Wenick Man

 「『八坂の母』が健在らしい」。約25年前、八坂神社の境内に人気の女性占い師がいたと聞き、京都市下京区の住所に向かった。1階はスポーツ用品店などが入る雑居ビルの4階。扉の一つに「八坂の母」とある。恐る恐るインターホンを押すと、「どうぞー」と明るい声に招き入れられた。
 宮崎悠翠さん(74)。1991年に事務所を構えた時には、八坂神社での常連客から捜索願が出たという逸話を持つ。昨年大病をして店をたたもうかと考えたが、思いの外回復が早く、もうしばらく続けることにした所だという。「そうねぇ、このごろ多い相談といえば不倫かしら。携帯電話が普及してから外に恋人をつくりやすくなったでしょう。相性が悪かったらこう言ってあげるの。『よかったじゃない、結婚してたら離婚してたかもしれないよ』って。心が傷んではる人が多いから、気持ちの持っていき方を教えてあげるのよ」。不登校や引きこもりの相談も受ける。介護中の女性から「いつまで続くのでしょうか」と疲れた声で聞かれることもある。